2018年 11月 16日
ジェイアールバス東北 KC-HT2MMCA
ジェイアールバス東北は東北地方(除く福島県白河・棚倉地区)を営業エリアとするJR東日本グループのバス事業者で(ここまでWikipediaの丸写し)、なぜか白川・棚倉地区はジェイアールバス関東が担当しています。
国鉄バス時代も福島県白河・棚倉地区はジェイアールバス東北の前身となる東北地方自動車部の管轄ではなく、関東地方自動車局だったので(やっぱりWikipediaの丸写し)、そういうことなのかもしれません。
御多聞に漏れず一般路線は大分整理されましたが、一部は残っており、その一例がこちら。
d0097293_20283524.jpg
d0097293_20283530.jpg
このあたりが新車で入れた最後辺りかと思います。
国鉄バス塗装を色濃く残し、さらにはツバメを飛ばすという保守的な塗装にジェイアールバス東北らしいのかどうなのか不明ですが、中扉は二枚折戸で済ませています。
短期規制末期らしく、クーラーもビルドインとなっています。
この他、いすゞでも存在しますが、仕様は同じです。


[PR]

# by TOtakibashi | 2018-11-16 22:08 | JRグループ | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 06日
中国ジェイアールバス U-MP218M
中国ジェイアールバスは中国地方で高速バス・一般路線バスを運行しています。高速バスは鳥取県以外で発着の設定があり、一般路線バスは広島県と山口県の一部エリアで細々と路線があります。
一般路線バス車両は一時期多種多様な移籍車が活躍していましたが、新長期規制あたりからいすゞの新車に一本化され、現在は一部移籍車がまた来るようになりましたが、ほとんどがいすゞです。
では多種多様な移籍車が来ていたころの車を。
d0097293_23080716.jpg
d0097293_23080848.jpg
見ればわかる通り元相鉄のバスです。
中扉直後の窓を1枚窓にして側面LEDにして対応しています。移籍後も10年以上活躍していましたが、最近はどうなのかは不明なところです。

[PR]

# by TOtakibashi | 2018-11-06 21:38 | JRグループ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 25日
ジェイ・アール北海道バス KL-UA452MAN
ジェイ・アール北海道バスは北海道の国鉄バスを母体としており、当初はJR北海道の直轄でしたが、1999年に分社化しました。
かつては函館や厚岸などにも営業所がありましたが撤退または他社へ譲渡した一方、札幌市交通局琴似営業所を引き継いだりした結果、札幌市内を中心とした路線構成になりました。一応札幌都市圏以外では様似・深川と営業所がありますが、深川については道北バスに運行を委託しています。
なお都市間高速も担当していますが、収入に占める割合は1割弱というのも他のJRバスにはない特色です。
d0097293_20002578.jpg
d0097293_20002695.jpg
もともとジェイ・アール北海道バスだとUDはあまり多くなく、これが生え抜きでやってきたはじめての車のようです。その後はAPとPDG-ARが若干数いるぐらいです。
長さも中間尺で一般的な感じに仕上がりましたが、補助灯2枚貼りと若干の個性を主張しています。

[PR]

# by TOtakibashi | 2018-10-25 20:49 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 15日
JR九州バス U-UA440LSN
JR九州バスは少しの高速バスと福岡・佐賀・鹿児島の一部で一般路線を運行しています。ちなみに社名がジェイアールではなくJR表記であること、車体が真っ赤なのはJR九州バスだけとのことです。
一般路線バスは生え抜きだといすゞが、高速だと主にふそうなのですが、時々移籍車もやってくるようで、
d0097293_22452427.jpg
d0097293_22453499.jpg
現在はわかりませんが、この手の車が鹿児島や嬉野あたりでよく見られました。いうまでもなく元西武バスです。

[PR]

# by TOtakibashi | 2018-10-15 21:55 | JRグループ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 05日
常磐交通 KL-LV280L1
新常磐交通における元小田急バスは凡そU規制の頃からやってきました。
その後あれよあれよとやってきてK規制やら大量にいるP規制の一部を置き換えていきました。
その後短期規制では大型はほぼノンステがやってきて、ふそうはいつものノンステですがいすゞはキュービックノンステというゲテモノがやってきました。
短期規制はそもそも頭数が少なかったからかあまり見かけず、その後長期規制も最初はそれなりにやってきました。
d0097293_17330342.jpg
d0097293_17330824.jpg
一般的なエルガのおかげか、然程違和感は感じない一品になりました。
なお同車が小田急バスを除籍されたころはそれなりに早めの除籍でしたが、現在除籍されるまでの期間が延びたからか、新常磐交通に元都営がやってくるようになったようです。

[PR]

# by TOtakibashi | 2018-10-05 22:17 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 25日
茨城交通 KL-MP35JM
茨城交通に元神奈中がやってくるのはここ10~20年ぐらいだと短期規制になってからで、大型車のみやってきています。KC-MPはそれなりの数が移籍してきているようで、水戸駅で釣り糸を垂らしていれば来るかなというぐらいの感じでした。
その後ワンステでもやってきました。
d0097293_10131661.jpg
d0097293_10131605.jpg
運賃幕も出入口幕も埋められていますが、セーフティウィンドウのない姿とラインフローファンのおかげで神奈中だったというのが容易にわかる一品です。

[PR]

# by TOtakibashi | 2018-09-25 22:02 | みちのりホールディングス | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 15日
北海道中央バス 2SG-HL2ASBP
北海道中央バスは地味に低公害車を導入しており、かつては短期規制の頃からCNGを導入したり、新長期末期からはハイブリッド車を導入してきました。ハイブリッド車は継続的に導入しており、ブルーリボンハイブリッドのモデルチェンジ後も導入しています。
d0097293_21451721.jpg
d0097293_21452651.jpg
こちらは平成28年度排出ガス規制適合車ですが、その前のポスト新長期規制でも導入されており、同車含め平岡営業所管内各線で稼働しているようです。

[PR]

# by TOtakibashi | 2018-09-15 17:49 | 北海道中央バス・夕鉄バス | Trackback | Comments(0)